瀬戸内オリーブ基金



美しい海岸風景の復元

産業廃棄物不法投棄現場近くの柚の浜。かつては白い砂浜に青い松林が映える景勝地でしたが、灌木や雑草で砂浜は覆われ、美しい景観が損なわれている状態でした。瀬戸内オリーブ基金では、この柚の浜に白砂青松を回復するプロジェクトを進めています。再生後は、自然との共生を考える環境教育の場としても活用していく予定です。
2015年2月、ユニクロの従業員がボランティアとして景観復元活動に参加。枯損木や雑木等で荒れた柚の浜を整備した結果、美しい海岸線が望めるようになりました。

また撤去した伐採木などは廃棄せずに堆肥づくりに活用。オリーブ畑に栄養分を与えたり、廃棄物撤去後の痩せた土地の再生などに役立てています。

→伐採木を活用した表土の再生についてはこちらをご覧ください